Tambourine作業メモ

主にスキル習得のためにやった作業のメモ。他人には基本的に無用のものです。

試しに新しいページを作ってみる

新しいルーティング設定を作ってみる

app.get('/hoge', function(request, response) {
	response.send('hoge!');
});

ハンドラの中で、responseに対して何かすれば良いんだろうということは推測できるのだけど、このオブジェクトが何者かわからない。適当にググってみる。

http://expressjs.com/ja/api.html#res

に突き当たる。見ているのが正しいバージョンなのかどうかは心許ないけど、基本的なことは変わるまい。

で、見てみたらsend()というのが例に書いてあったので、使ってみた。

localhost:3000/hogeにアクセスしてみると、ちゃんとhoge!が表示された。簡単だ。

referenceを眺めていると、json()というメソッドもある。

app.get('/hoge', function(request, response) {
	var obj = new Object;
	obj.name = 'Tambourine';
	obj.age = 101;
	response.json(obj);
});
<html>
<head>
  <link rel="alternate stylesheet" type="text/css" href="resource://gre-resources/plaintext.css" title="Wrap Long Lines">
</head>
<body>
  <pre>{"name":"Tambourine","age":101}</pre>
</body>
</html>

pre?

ちなみにHTTPヘッダには

Content-Type:"application/json; charset=utf-8"

がちゃんと付いている